レンタルスペースでできること

何時間借りるのか考えよう

2時間ぐらいがちょうど良い

何時間も社員を拘束して、会議を続けることは控えてください。
最初はみんなやる気があっても、時間が長くなると集中力がなくなり、やる気も低下します。
アイデアが全くでないので、会議を続けても時間の無駄でしょう。
おすすめは、2時間程度です。
そのぐらいなら集中力が続くので、真剣に会議取り組めると思います。

レンタルスペースを借りる際に、時間を指定することも忘れないでください。
2時間だと短いと感じるかもしれませんが、その時間内に良いアイデアをまとめようとみんなが積極的に意見を出してくれます。
むしろ効率が良くなるでしょう。
時間が長くなると料金も高くなるので、長時間レンタルスペースを借りてもメリットはあまりありません。

延長に関する決まり

どうしても最初に決めた時間だけでは足りない場合は、延長ができないか聞いてください。
自分たちの後ろに誰も待っている人がいなければ、延長できます。
その際は延長料金を支払うので、忘れないでください。
しかし延長料金を支払うよりも、最初から長い時間を選択した方が安く済みます。
どのくらいレンタルスペースを使用するのか、見極めを間違えないでください。

人気のレンタルスペースは待っている人がたくさんいるので、延長できないことも多いです。
時間を決めたら、延長しなくても良いようにスムーズに会議を進めてください。
また後片付けもすばやく終わらせましょう。
ダラダラと片づけていると、後から利用する人が指定した時間に使えなくなってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る